アトム司法書士事務所

不動産登記の手続きの流れ

不動産登記の手続きの流れ

カテゴリ:記事コンテンツ

不動産登記は、以下のような流れで進めていきます。

■必要書類を集める
不動産登記に必要な書類は、ケースによって異なります。
例えば、売買を原因とする所有権移転登記を行う場合には以下のような書類が必要です。
登記原因証明情報(契約書など)、登記識別情報(登記済証)、印鑑証明情報(売主のもの)、住所証明情報(所有権を得る人、買主のもの)、委任状(司法書士に手続を委任する場合)

■登記申請書の作成、法務局に提出
登記申請書を作成し、必要書類と合わせて管轄区域内の法務局に提出します。
法務局ごとによって、登記の記載方法が異なる場合もありますので、事前に確認することをお勧めします。

■登記官による審査の後、登記簿に記載
法務局に提出後、登記官が申請に不備がないかを確認し、問題がなければ登記簿に記載がなされます。

■登記識別情報の発行
申請者は、申請時に使用した印鑑を持参して法務局に行きます。そして、登記識別情報通知書を受け取ります。この通知書は当該不動産に関する登記を今後行う上で必要となる書類ですので、厳重に保管しておく必要があります。

アトム司法書士事務所では、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、品川区を中心に、不動産登記に関するご相談を承っております。不動産登記の他にも、相続などのご相談を承っております。お困りの際は、お気軽に当事務所までご相談ください。